あるあるトラベル

あるあるトラベル

世界ふしぎ発見非公認ミステリーハンターが旅する

オーストラリアでの仕事の探し方

オーストラリアは物価の高い国なので、生活するためにはバイトをしないとお金がなくなってしまいます。物価が高いだけあって時給も高いです。

そこでオーストラリアではどうやって仕事を見つけるのか紹介します。

 

履歴書(レジュメ)を配る

f:id:MysteryHunter:20171129023456j:plain

ひとつ目は一般的な仕事の見つけ方です。履歴書を書いて、いっぱい印刷します。そして自分が働きたいと思うところに行って、配るのです。自分の足で仕事をもらいに行くのです。

お店に着いたら「仕事を探しています。人手が必要でしたら働かせてください。なんでもします。」といいましょう。

運が良ければ、その場で面接が始まり、仕事をゲットです。

僕はこれで運よくローカルのオシャレなホテルのレストランで皿洗い、デザート係として働くことができました。

履歴書は日本のように決まったフォームがありませんので、自由に書きましょう。

名前、住所、連絡先、職務経歴、自己アピール、働ける時間、保有ビザ、ビザの期限などを書きましょう。

 

求人サイトからメールする

f:id:MysteryHunter:20171129023518g:plain

スタッフを募集している求人サイトがあるのでそこにメールを送りましょう。ワードで履歴書を作成しておいて、メッセージと一緒に履歴書も添付して送るといいと思います。以下のサイトから求人を見ることが出来ます。

日豪プレス

Jams.TV

Gumtree

CareerOne

Indeed

SEEK

以前紹介したサイトに3つ加えています。英語のサイトはローカルジョブがほとんどですので英語でのコミュニケーションに問題が無ければそちらをオススメします。

フェイスブックからオーストラリアのワーキングホリデーに関する情報交換のグループで仕事の情報を得ることもできます。

www.mysteryhunter.xyz

 

知り合いに紹介してもらう

f:id:MysteryHunter:20171129023611j:plain

これが一番手っ取り早く、採用率も高いでしょう。しかし、なかなかタイミングよく紹介してもらえることがないので、自分から積極的に情報収集しましょう。

 

ジョブセンターに登録する

地域によっては町にジョブセンターというものがあり、そこに登録しておかないと仕事を紹介してもらえないケースもあります。レストランやスーパーに履歴書を持って行っても、「ジョブセンターに登録して」と言われて帰されることもあります。 

 

ファーム送迎の車がくる場所で待つ

f:id:MysteryHunter:20171129172255j:plain

ジョブセンターに登録してもなかなか紹介してくれないなんてことも、しょっちゅうあります。2ヵ月待ってるなんて人もいましたが、いったいこの人は何をしてるんだろうと思ってしまいました。

ファームジョブの場合、労働者の送迎をしているところもあります。

誰かしらに、送迎車が来る場所を聞き、そこで待ちましょう。運転手はそこそこの権力者なので、仕事したいことを伝えると、運が良ければ、「乗って行けよ」と言われることもあり、そのまま仕事させてくれるそうです。ですので、農作業できる格好で行き、飲み物や昼食を持って送迎場所まで行きましょう。もしバスに乗せてくれなかったときはピクニックにでも行きましょう。

僕はこの方法をしたことありませんが、これで仕事をゲットした人に数人会いました。以外と効果的かも。

 

番外編

お店で並んでいるときに順番をゆずる

僕がタスマニアというオーストラリアの南にある島に行き、予約した宿まで移動している途中に、小さいフードショップに寄りました。

そのとき、後ろに並んでいたおじさんに順番をゆずったのですが、そのおじさんの正体は、そこの地域で1番大きいチェリーファームを経営している社長でした。

そうして社長直々にスカウトされ、翌日からそこの工場で仕事をさせてもらいました。

 

自分自身を広告塔にする

f:id:MysteryHunter:20171129023642j:plain

服に「仕事を探しています」と書いて町を歩く。これは1人しか見たことがありません。

それをやった男

www.mysteryhunter.xyz

 

ロカールジョブで働くメリット

さっきからやたらと「ローカルジョブ」と言っていますが、オススメするからにはそれなりのメリットがあります。

ちなみにローカルジョブとは日本食レストランや韓国料理店ではなく、その名の通りローカルの人がやっている仕事です。

デメリットはほぼ無いと言っていいですが、指示を正確に聞いたり、注文を聞いたりなどコミュニケーションがとれるだけの英語力が必要となってきます。

 

メリット① 時給が高い

オーストラリアの最低賃金はパートタイムのバイトでもAU$18ほど(1800円)※(州の法律により異なる)と高いですが、日本食レストランなどはAU$10~15(1000円~1500円)のところが多いです。

最低賃金を下回っており、違法です。なぜこうなっているかというと、英語のできない人はそこで働くしかないからです。そこまで英語力が求められない日本食レストランに比べ、ローカルジョブは英語が必須ですから。足元見てるな。

ローカルジョブの給料は土日祝日の休日にはさらに1,5倍や2倍になったりします。

※全ての日系の仕事が最低賃金を下回っているわけではありません。

 

メリット② 現地感がある

日本とオーストラリアでは働き方が違うところがあります。

僕の例を挙げると、ローカルレストランで仕事をしていた時、お客さんとスタッフの距離が近いというか、みんなとてもフレンドリーなので、歌を歌いながら仕事したり、スタッフが食べる用のポテトフライがカウンターに置いてあり、お客さんの前でポテトをつまみながら仕事をするといった感じでした。

 

メリット③ 英語力が上がる

コミュニケーションは全て英語の上、ネイティブ達の話し方はとても早く、聞き取るのが大変ですが、少しづつ慣れていきます。生の英語にふれ、自然に自分の英語力も上がっていくでしょう。

 

 

まとめ

僕はオーストラリアにいるとき、日本食レストランとローカルのレストラン両方で仕事をさせてもらいましたが、やはりローカルの方が総合的に良かったです。

英語力がそこまで高くなくても、運よくローカルジョブをゲットできることもあるので諦めずに頑張りましょう。僕がそうでした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。