あるあるトラベル

あるあるトラベル

世界ふしぎ発見非公認ミステリーハンターが旅する

【スラム街で生きる子どもたち】フィリピンで活動するNPO「セブンスピリット」のスタディツアーに参加してみた

f:id:MysteryHunter:20171121183122j:plain

フィリピンに語学留学しているとき、休みの日は学校の自習室で勉強するかバスケするかがほとんどで、そんなに外には遊びに行きませんでした。数少ない外出の中でも印象的だった、セブンスピリットという団体がやっているスタディツアーを紹介します。

www.mysteryhunter.xyz

セブンスピリットについて

セブンスピリットは、世界の子ども達が子どもらしく、楽しみながら学べる環境づくりを行い、それによって子ども達の生きる活力、生きがいを生み出すべく活動しているNPO法人です。

貧困や戦争など世界には数えきれないほどの問題がありますが、どこに生まれようとも、子ども達には学ぶ権利があります。
そんな当り前のことを当り前にできる環境をつくっていきたいと、私たちはそう考えています。

 引用元:NPO法人セブンスピリット

 

スタディツアー

f:id:MysteryHunter:20171121201423j:plain
f:id:MysteryHunter:20171121201428j:plain


セブ島内でも最貧困地域といわれるスラム街へ行き、そこで生活するご家族宅を訪問し、貧困地域の実態を見ることができます。ご家族の方がこちらの質問にもいくつか答えてくれます。その後セブンスピリットの事務所へ行き、同団体で活動している子供たちと交流することができます。

参加費は2500ペソ(5500円ほど)。

 

スケジュール

9:30
セブ市内にあるセブンスピリット事務所近くに集合。
参加者が集まり、事務所内に案内されます。
セブンスピリットの活動内容やスラム街の現状を教えていただけます。

 

10:00
バスに乗ってスラム街へ行きます。そこで生活する、とあるご家族宅を訪問し、スラム街の現状などを語っていただきます。

このご家族のお子さんはセブンスピリットで活動しています。

 

12:00

セブンスピリット事務所へ戻り昼食。子供たちと交流。最後は子供たちが日頃練習している曲を元気いっぱいに披露してくれます。

 

16:00

解散

 

 

ここのスラム街は1人当たりの生活費が1日1ドル以下という極貧層だそうです。そのため、子どもが麻薬の売買に関わって生活費を得たり、盗みをしたり。。。

親もそれで生活できるならと目をつむっているそうです。

 

学校に行けない→仕事に就けない→麻薬売買、犯罪

という悪循環が生まれている。

 

スラム街に人が職に就いても職場のものを盗ったりしていた過去や差別があったりして、そこに住んでいるというだけで職に就きづらい。

スラム街に住む方が語ってくれました。

 

セブンスピリットではそんな学校に行けない子たちが音楽やスポーツを通し教育を行うことで、社会での在り方、集団生活などを学んでいくそうです。

それは犯罪や非行の抑制にもつながっていて、彼らの人間的成長や自立心をはぐくむ支援をしていて感心しました。

 

まとめ

どこの国にいっても子どもは無邪気で可愛いですね。

セブ島でリゾート遊びもいいけど、スタディツアーもいい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。