あるあるトラベル

あるあるトラベル

世界ふしぎ発見非公認ミステリーハンターが旅する

お遍路2部 ~ママチャリ遍路~ 4日目(12番焼山寺~16番観音寺)

2015年9月12日 お遍路2部 4日目

f:id:MysteryHunter:20171009164947g:plain

www.mysteryhunter.xyz

朝7時過ぎに宿を出発しました。
みんな頑張ろうぜ。といって、徒歩の僕、チャリのRちゃん、バイクのAちゃんの3人は12番「焼山寺」を目指し、散っていった。
僕は歩いて11番「藤井寺」へ。ここの裏から難所の12番までの道があります。

「最後まで残った空海の道」のスタートです。

f:id:MysteryHunter:20171009190329j:plain
f:id:MysteryHunter:20171009190333j:plain

歩き始めて10分。
数々のお遍路さんを転がしてきた、へんろころがし1/6。

f:id:MysteryHunter:20171009190413j:plain

階段が続き、きつい。けど、転がされはしないぜ。

スタートから1時間20分で長戸庵に着きました。

f:id:MysteryHunter:20171009190714j:plain

 

スタートから2時間20分。へんろころがし3/6。

あれ。へんろころがし2/6は必死だったので見逃したのでしょう。

f:id:MysteryHunter:20171009190742j:plain

 

そのちょっと先に小屋がありました。お遍路さんご自由に。と書いてあり休憩も宿泊も出来るようです。水道もトイレもありません。

f:id:MysteryHunter:20171009190917j:plain


スタートから4時間後。へんろころがし6/6。

あれ。へんろころがし4/6と5/6は必死だったので見逃したのでしょう。

f:id:MysteryHunter:20171009190941j:plain


スタートして4時間40分後。ようやくお寺に着きました。

12番「焼山寺

f:id:MysteryHunter:20171009191256j:plain

かなり疲れ、へとへとです。

序盤から丈夫な枝を二本拾って、杖がわりにして登りは極端に歩幅を小さくし、一気に疲れがこないような登り方をしたので60番「横峰寺」を上ったあの時よりは少しマシかも。

www.mysteryhunter.xyz


お寺の横にある休憩所でうどんをいただき、13番へ向けて出発。
11番から12番も遠いけど、12番から13番もハンパなく遠いです。

f:id:MysteryHunter:20171009191703j:plain
f:id:MysteryHunter:20171009191709j:plain
f:id:MysteryHunter:20171009191718j:plain

 

途中で人の家の庭っぽい道だと思って歩いていたら、後ろからおばちゃんに呼び止められました。
おばちゃん「そっちは畑しかないわよー」
人んちの庭っぽい道だと思って歩いていた道は人んちの庭でした。
12番を出発してから約4時間、
僕の横に1台の車が止まりました。
おじ様「お遍路さん?」
僕「はい。」
おじ様「乗ってくかい?」

僕「お願いします」(くいぎみで)

9時間近く歩いてボロボロだった僕は迷わず杖を捨て去り車に乗せていただきました。

お遍路は接待を断ってはいけないのです。
途中で、ジュースと「ういろう」を買っていただきました。いままで食べた「ういろう」で一番美味しかった。

泣いた。


そして13番まで送っていただきました。
カッコイイおじ様でした。

 

そんなおじ様に私もなりたい。
みつを

 

13番「大日寺

f:id:MysteryHunter:20171009192224j:plain

14番「常楽寺

f:id:MysteryHunter:20171009192306j:plain

15番「国分寺

f:id:MysteryHunter:20171009192346j:plain

16番「観音寺」

f:id:MysteryHunter:20171009192403j:plain

栄タクシー

f:id:MysteryHunter:20171009192506j:plain
f:id:MysteryHunter:20171009192511j:plain
f:id:MysteryHunter:20171009221051j:plain

栄タクシー | 徳島県観光情報サイト「阿波ナビ」

 

19時過ぎ。栄タクシーに到着しました。

ここの社長さんはとてもいい方で、お遍路さん達を無料で泊めてくれます。
この日は九州出身の22歳の歩き遍路の青年、ドイツ人の女の子もいました。3人でわいわい話し、10時頃就寝。

この日は歩き疲れ泥のように眠りました。
あのおじ様がいなかったらここまで辿りつけなかっただろう。
おじ様と栄タクシーの社長に感謝しながら眠りにつきました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。