あるあるトラベル

あるあるトラベル

世界ふしぎ発見非公認ミステリーハンターが旅する

オーストラリア 長距離運転時の注意点

f:id:MysteryHunter:20170918021142j:plain

 

カンガルーに注意

f:id:MysteryHunter:20170918165807j:plain

道路標識にもあるように、夜中の道にはカンガルーが飛び出してきます。昼間は飛び出してくることはなかったのですが、夜は危ない。本当に危険です。

カンガルーを避けたときに出来たと思われるブレーキ痕がそこら中にありました。

僕らも2回引きそうになりました。車に引かれたカンガルーがそこら中に倒れています。

出来れば夜中の運転はやめましょう。

 

眠気に注意

f:id:MysteryHunter:20170918165828j:plain

オーストラリアは広大なので、街中ではない場合、真っすぐな道でとてつもなく退屈な運転が続きます。ですので眠くなりがちです。

居眠り事故防止ルール

僕は居眠り運転を憎み、日本で運転するときも眠気が来そうだなと思ったら、車が停められるところに停めて、15分ほど仮眠をとります。これはかなり効果的です。

そんな居眠り事故を憎む僕達はルールを決めました。

・眠気が来る前に運転を交代する。

・二人とも眠い時は停めて寝る。

・コクっと1回なるごとに1万円の罰金。

このルールのおかげで、居眠り運転しそうになることは1度もありませんでした。カンガルー引きかけたことはありましたが。。。

 

水を多めに持っておく

f:id:MysteryHunter:20170918165844j:plain

オーストラリアの内陸はほぼ砂漠です。200㎞置きくらいに店はありましたが、車のトラブルがあったら死んでしまうので、水は多めに積んでおきましょう。

 

まとめ

・夜中の運転は出来るだけしない。

・眠くなる前に運転をやめる。

・水を多めに積んでおく。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。