あるあるトラベル

あるあるトラベル

世界ふしぎ発見非公認ミステリーハンターが旅する

オーストラリア シドニーから世界遺産【エアーズロック】へ車で行った話 その①(①/⑦) シドニー~アデレード

f:id:MysteryHunter:20170916194948j:plain

2015年4月 日本からオーストラリアに遊びにきた友達と車で旅行しました。シドニーからエアーズロックまで片道3000kmの長距離ドライブです。

3000㎞といえば北海道の先っちょから日本最西端の与那国島までの直線距離くらいあるようです。

 

携帯アプリの「MAPS.ME」というナビアプリを使って行きました。こんな感じでナビしてくれます。

f:id:MysteryHunter:20170916184928j:plain

 

 

シドニーの競馬場を夕方に出発しハイウェイ(無料の高速道路みたいなやつ)を走り、まずアデレードという都市を目指しました。

 

ガソリンが半分くらいになったらガソリンスタンド行こうか。と言って最初は休憩無しでカラオケ大会やモノマネ大会なんかをしながら走っていまいした。

 

のんきに車を運転していましたが、ガソリンが半分を切ったのでガソリンスタンドに行こうとしたのですが、田舎だったので夜中に開いている店がまあ在りません。そろそろやばくなり、次閉まってたらそのガソリンスタンドの前で朝の開店まで待つかという話になったところで、次の店が開いてました。

 

ナメック星に悟空が到着したときくらいホッとしました。

 

そこでガソリンを満タンにして、カップラーメンを食べてお腹も満タンにして、トイレも済ませ、運転を友達に代わってもらい出発しました。

 

僕は朝からの運転に備えて寝る態勢へ。しかし、出発後30分ほどしたら雨が降ってきました。それはだんだん強くなっていきます。すぐに雷雨になりました。

 

10秒に一回くらい雷で周りが真っ白になる。雨が強すぎて前が全く見えない。雨が強すぎて車のガラスが割れそう。どうやら嵐の中に突っ込んでしまったようです。

 

かつてあれ程の大嵐に遭ったことはありませんでした。

 

ワイパーを最速にして時速10㎞ほどで車を走らせる友達D。それでも前はほとんど見えない。

 

身の危険を感じるほどです。

 

僕「やばいよやばいよ。これはやばいよ。さっきのガソリンスタンドまで戻る?」

友達D「・・・」

雷「ドーン」

雨「ドーン」

僕「こえー。どこか屋根あるところ入ろ。」

友達D「・・・」

雷雨「ドンドーン。フロントガラス割るぞコラ。」

僕「マジやばい。戻ろ。それかどこか入ろ。」

友達D「・・・」

 

何も返事をせずに無言でゆっくりと車を走らせるD。一人で騒ぐ僕。

 

その後、どのくらい走ったか分かりませんが、嵐を抜けたようです。とてつもなく長く感じましたが、実際はそう長くはなかったのかもしれません。

 

やっと脱出したねと友達Dを見るとその目からは涙が。

股間からはおしっこが。

そのとき友達Dは死ぬんじゃないかと思っていたらしいです。そのくらいすごい雨でした。

 

次のガソリンスタンドで給油し、運転を交代。そして朝の4時頃NSW州(シドニーがある州)とVIC州(メルボルンがある州)の境目に着きました。

f:id:MysteryHunter:20170916193421j:plain

 

そこから少し走って、まわりが明るくなってきたので、車を停めてコーヒーを沸かし朝食タイムにしました。

 

そこからまた走り休憩すると横に線路があったので、スタンドバイミーごっこ。

f:id:MysteryHunter:20170916194157j:plain

 

そしてSouth Australia州(アデレードがある州)に到着。

f:id:MysteryHunter:20170916194349j:plain

ここには州をまたぐときのチェックがかなり厳しいです。靴に土がついてないか。果物や植物を持っていないか。などなど荷物やトランクを開けられチェックされました。

そんなこんなでようやくアデレード入りです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。