あるあるトラベル

あるあるトラベル

世界ふしぎ発見非公認ミステリーハンターが旅する

【海外旅行】大金を持ち歩かずにクレジットカードでキャッシング

f:id:MysteryHunter:20170830020051j:plain

海外へ行くときによく聞かれる質問

僕が海外へ行くときによく聞かれる質問があります。長期で行くときはお金どうするの?大金持っていくの?と聞かれます。

 

クレジットカードのキャッシング機能を使おう

僕の場合、海外に持っていくお金は数万円です。数十万円なんて怖くて持っていけません。国によっては大金を持ち込む際に申請がいります。そこでクレジットカードの海外キャッシング機能を使うのです。

 

キャッシングとは

キャッシングとは、クレジットカードを使い、海外のATMで現地通貨をゲット出来る機能です。キャッシングと聞くと借金するようで抵抗ある方も多いと思いますが、普通にカードを使うのと、そんなに変わりません。日本の口座から現地通貨に変換され、手元に出てくるイメージです。

 

海外キャッシング可能なカードを作ろう

クレジットカードを作るときに海外キャッシング可能なものを作りましょう。すると、行った先の空港のATMでお金をおろすと、現地通貨で出てくるのです。レートも銀行でするよりもいいきがします。手数料は取られますが、それを計算に入れてもお得だと思います。

 

注意点

いくつか注意点があるので書いていきます。

①海外キャッシング枠の確認

海外キャッシング可能なカードでも、事前に申請しておかないと、最初は海外キャッシング枠が0円になっていることがあります。その場合、クレジットカードで買い物は出来ても、ATMから現地通貨をおろすことは出来ません。

②引き落とされ方の確認

キャッシングをするとクレジットカード会社の決められた日に口座から引き落とされますが、最初から分割設定になっている場合があります。(これはカード会社によって違いがあると思います。)分割になっている場合は、一括に変えるか、一括に出来ないときは、一回の引き落とし金額を上げるなどしておいたほうがいいです。分割でもいいのですがその場合、利子がつくのでもったいないです。

③現地通貨のレートの確認

これはかなり重要です。現地通貨でお金をおろすので、現地通貨を知っておかないと大変なことになります。

例えばインドネシアに行った場合、1円=120ルピア程度です。ATMでは現地通貨の額を入力するので、レートを知らずにとりあえず10000くらいかなあと思っておろすと、それは100円にも満たない額です。物価が低い国でもすぐなくなり、またおろすことになります。

前に挙げた例はいいほうで、これをユーロでやってしまった場合、4000おろすと、約530000円です。フリーザです。カード凍結、そしてブラックリストです。(個人の口座残高による)

f:id:MysteryHunter:20170830020333p:plain

まとめ

注意点を知っておきましょう。他にも注意点はあると思うので、不安な場合はカード会社や詳しい人に聞き、納得してから使いましょう。

僕は大金を持ち歩けないですし、現地キャッシングは慣れているのでおすすめしています。カードのポイントも付きますからね。

「それは損してるぞお前」と、他の方法をご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。自己紹介でも書きましたが全てにおいて、ど素人ですので、何事も詳しくありません。よろしくお願いします。

僕についてはこちら↓

www.mysteryhunter.xyz

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。