あるあるトラベル

あるあるトラベル

世界ふしぎ発見非公認ミステリーハンターが旅する

四国 八十八ヶ所めぐりへ

f:id:MysteryHunter:20170818001525p:plain

仕事を辞めて

仕事を辞めてから最初にしたことは四国へお遍路の旅に出ることです。

 

お遍路とは

空海弘法大師)ゆかりの四国にある八十八か所の寺院を巡拝することを四国巡礼やお遍路という。八十八の霊場寺院を結ぶ道を遍路道といい、巡礼者をお遍路さんと呼ぶ。また、霊場に参詣することを「打つ」と表現する。八十八箇所を通し打ちで巡礼した場合の全長は1100~1400km程である。距離に幅があるのは遍路道は一種類のみではなく、選択する道で距離が変わるためである。自動車を利用すると、打ち戻りと呼ばれる来た道をそのまま戻るルートや遠回りのルートが多いので、徒歩より距離が増える傾向にある。一般的に、徒歩の場合は40~50日程度、自動車や団体バスの場合で異なるが8日から11日程度で1巡できる。

 

巡拝方法

遍路は順番どおり打たなければならないわけではなく、どの寺から始めてもよく、移動手段や日程行程などもさまざまである。1度の旅で八十八箇所のすべてを廻ることを「通し打ち」、何回かに分けて巡ることを「区切り打ち」といい、区切り打ちのうち阿波(徳島)、土佐(高知)、伊予(愛媛)、讃岐(香川)の4つに分けて巡礼することを特に「一国参り」という。また、順番どおり廻るのを「順打ち」、逆に廻るのを「逆打ち」(ぎゃくうち、または、さかうち)という。近年は順序にこだわらず打つことを「乱れ打ち」といわれている。一般的には順打ちによる道案内がなされており、逆打ちは道に迷うといった苦労も多いため3倍の御利益があるともいわれている。俗説によれば、巡錫中の弘法大師に無礼を働いた伊予の豪商・衛門三郎が大師に許しを請うため遍路に出たが、20回以上順打ちで巡礼しても追い付けず、閏年に逆回りを試して出会えたという言い伝えからも、閏年に逆打ちを行うと倍の御利益があるとする考えがある。

 

幸福論という本